HOME

入会方法

会の紹介

河川塾

活動

報告

ニュース

レター

マイリバー・

川びと

リンク
 (新しいホームページです H30.12.29~)

ようこそ近畿水の塾のページへ!

私たちは、人と水との関わりの実践やその連携を通じて、

市民による地域づくり、環境づくりに寄与することを目的とします.

 新 着 情 報

開催日

内    容

第194回 河川塾 案内

●講演タイトル :「なんてきれいな落とし物!・・野鳥の羽根の魅力」
●講師 :会員・寺川裕子さん (てらかわ ひろこ) 
●講師プロフィール: :1961年生まれ、富田林市在住。 大阪府南河内地域を中心に、里山や河川にかかわる市民活動や、行政・企業からの委託事業、ワークショップのコーディネーターなどの仕事をしています。 野鳥の羽根は、30年来の自然関連の活動で野山を歩くうちにコレクションするようになりました。      
NPO法人里山倶楽部 理事 / NPO法人共生の森 副理事長
石川自然クラブ 事務局 / 日本野鳥の会大阪支部 幹事
●講演概要:こんにちは 寺川裕子です。 これまでに河川塾で何度か、里山倶楽部(164回)や石川自然クラブ(132回)の立場で、里山や川の活動についてお話させていただきました。今回は、それらのフィールドで個人的に集めている「野鳥の羽根」コレクションについて紹介します。 野鳥の羽根と聞いて、みなさんはどんなものを思い浮かべるでしょうか?ハトの羽根?カラスの羽根?クジャクの羽根?その色や形、大きさを具体的に思い出せるでしょうか?そもそも、鳥の羽根をまじまじとご覧になったことはないかもしれませんね。 実は野鳥の羽根は、種類ごとに千差万別、さらに一羽の鳥でも翼と尾、頭と腹、一つの翼の中でも生えている順番ごとに、色も形も大きさも異なります。だから落ちている羽根一枚あれば、落とし主がほぼわかります。 そしてその美しいこと!鮮やかで様々な色、光で変わる色あい、手触りの違い、機能ごとに完成された形・・・すっかりトリコになって羽根のコレクションは100種類以上になり、「仮はく製(当日に紹介します)」も作るようになりました。 また“貼り羽根”という言葉は、2月に開催した石川河川公園「野鳥フェア」に来られた福廣さんの命名です。いったいどんなものなのか、5/15は現物を持参して、野鳥の羽根の魅力をたっぷりお伝えしたいと思います。              以上 ご本人
添付の写真は、毎年出展する「自然史フェスティバル」の展示風景です。)   
●日時:2019年5月15日(水)19:00~21:00。開場:18時半。       
近傍居酒屋でのアフター有り(21:00~ )(有志)
●会場:『 Atelier(アトリエ)CK 』
(住所:大阪市北区天神橋3-5-10 1F)       
●主催:NPO法人 近畿水の塾
●参加費:会員無料。会員外:500円。 どなたにもお誘い下さい!
●問合せ:福廣 勝介 (shosukedesu@gmail.com)           090-9879-4889          以上

* お問い合わせ先 *

特定非営利活動法人 近畿水の塾 事務局 

 〒572-8508  大阪府寝屋川市池田中町17-8  

摂南大学理工学部都市環境工学科 生態環境学研究室

 TEL&FAX:072-839-9125 

又は福廣090-9879-4889  

Copyright  (c) 2002 特定非営利活動法人近畿水の塾 All Rights Reserved. 

無断転載禁止.リンクはフリーです.

このページへの訪問回数は、 Counter (since2002.10.06)